1991年春、西新宿の自主製作盤専門レコード屋で働いていたTAKESHIT(元MINO-5)とRYUJI(元DISARRAY)が知り合い、その後SUZUKI(元LAWSHED)とMATSUZAKI(MATSUZAKIの前にはKANNO現COALTAR OF THE DEEPERSがヘルプとして参加)が加わり、COCOBATとして始動。バンド名の“COCOBAT”は、名黒人レスラーBOBO BRAZILの必殺技(COCONUTS HEADBUTT)より採られている。その必殺技のパンチ力、単純明快なインパクト、黒人のフィジカルを自分達のサウンドの象徴として名付けた。代々木チョコレートシティを中心にGASBOYSとジョイントする形でライヴをこなし、GAS BOYSの『公衆ベンジョ』(キャプテンレコード内RHYTHM レーベルより発売)に''ガスボーイズ ミーツ ココバット"として参加。同時に、高円寺20000V、新宿ANTIKNOCK、目黒鹿鳴館、を中心にライヴをこなしていく。BANDイヴェント"We are Stinky"(INKSTIK芝浦にて開催)に電撃ネットワークをバンド企画に初めて招聘し共演、公演を大成功させる。CROWNレコードのMETALコンピレーションアルバム『GOD'S TRUTH』に1曲参加。同時期1st SINGLE用の録音も済ませるがマスターテープが海外で紛失。お蔵入りとなる。(STINKY版COCOBAT CRUNCHにシークレットトラックとして収録されている。)

1992年3月、ファースト・アルバム『COCOBAT CRUNCH』をインディのSTINKYレコードよりリリース(1993年11月にKING CRIMSONのカヴァー2曲を追加してトイズファクトリーより再リリース)。イギリスの音楽雑誌''KERRANG!''に「パンテラへの日本からの返答なのか!?」とレヴューが載る。ライヴ活動も東名阪仙と広げ、東京では新宿LOFTがベースになっていく。アルバムの発売記念公演の場所は芝浦INKSTICK。(共演はSHELLSHOCK,GARLIC BOYS,KING JOE Jr,DJ KURO From Violent Grind)。その頃のLIVEでは同レーベル所属のNUKEY PIKESとの共演が多かった。

1993年1月、NYのハードコア・バンド、SICK OF IT ALLをSTINKYレコード協賛の元で、TAKESHITが日本へ招聘し共演。その後もBODY COUNT、ROCKET FROM THE CRYPT、EXODUSの初来日公演をサポート。H.G.FACTよりDOOM/COCOBAT Split 7inch EPをリリース後、8月に2ndアルバム『STRUGGLE OF APHRODITE』をトイズファクトリーよりリリース。同時期にBRUTAL TRUTH、CATHEDRALと共演。新宿LOFTにてCD発売記念ワンマン公演。東名阪TOURの後、MATSUZAKIが脱退し、後任にHIROSHI(元DISMAY)が加入。同年12月SUZUKI、HIROSHIが脱退(二人はその後GRUBBY結成)。そのラインナップ最後の新宿LOFTでのライヴを収録し、『A TOURIST GUIDE TO COCOBAT』として翌年ビデオリリース。メンバーの固まる翌4月まで、RYUJIはDEF MASTERのメンバーと、TAKESHITはGASBOYSのDJバリK~んと、個々のやりたいことをSTUDIO REMIXという形で楽曲制作に入る。

1994年春、ニュー・メンバーMUROCHIN(元COCK SUCK HOLD)(Dr)、TOMODA(G)を迎え、BIOHAZARD、HELMET、QUICKSANDの来日公演をサポート。-⑯-(SIXTEEN)のJAPAN TOUR(東阪)もTAKESHIT主催で行う。また日比谷野外音楽堂で行われた日米オルタナティヴ・フェス“IGANARAMA”にも参加。また6月には、先のREMIX曲やライヴ曲を含む『FOOTPRINTS IN THE SKY』をリリース。(格闘家UNO CAOLが修斗参戦初期にこのアルバム収録版のCOCOBAT CRUNCHを入場曲に使用していた)夏、S×O×BのKAWATAKAが交通事故の為、急遽TAKESHITが米国NY公演と国内の“VICIOUS WORLD TOUR”にBASSISTとして助っ人参加。12月の新宿LOFTでのライヴをもって、RYUJI、TOMODAが脱退。

1995年初頭、RYUJIをのぞく3人で3rdアルバムにあたる『POSI-TRACTION』をレコーディングする(ゲストヴォーカルにはGMFの遠藤氏を迎え、残りのトラックはTAKESHITがヴォーカルを兼任)。録音後MUROCHIN脱退(MUROCHIN / TOMODAはその後、CULT IN SANE結成)。オーディションによりNORI(G)、KAME(元EXCROW )(Dr)、HIDEKI(COOL ACID SUCKERSローディー)(Vo)を迎え入れ都内ライヴ・ハウスでLIVE三昧。THE MIGHTY MIGHTY BOSSTONESの来日公演のサポート、Hi-STANDARDとの東名阪TOURの終了後、NORIが脱退。秋、新宿リキッドルームで行われたS×O×BのTOTTSUAN追悼ライヴよりKOJI(元SHELLSHOCK)が参加。

1996年8月、米国NYにて、DON FURYを迎えNEW YORK DEMODEMO STUDIOにてレコーディング(SICK OF IT ALLのメンバーがゲスト参加)。同時期NEW JERSEYでの“WARPED TOUR”でライヴ。NYのCBGBではMERAUDER,CANDIRIAと共演。帰国後、日本で行われた“WARPED TOUR”にもHi-STANDARDやSICK OF IT ALL、SOCIAL DISTORTION、MURPHYS LAWとともに参加。12月、4thアルバムとなる『RETURN OF GRASSHOPPER』をリリース。年末から翌年にかけて全国TOUR。アルバム発売記念東京公演は新宿LOFTと渋谷ON AIR WEST。東名阪TOURのサポートバンドはBUTCH。新宿LOFT公演の前売りチケット購入者には7inchレコードが配られた。(RETURN OF GRASSHOPPER初回盤に入っていたミニCDと同内容)

1997年、JESUS LIZARD、EARTH CRISIS、MADBALL、25 TA LIFEなどのサポート公演をこなしつつ、8月の“AIR JAM97”に参加。12月、MISFITSの初来日公演のサポートのライヴを最後にKAMEが脱退。

1998年1月、RYOが加入するも、6月、KOJI脱退。MIZOGUCHI(元ヌンチャク)をヘルプに迎え入れ7月SLAYERのシークレット赤坂Blitz公演に参加。“AIR JAM 98”に参加。DEFTONES、SUICIDAL TENDENCIES、VISION OF DISORDER、ENSIGNの来日公演サポートをする。同時に6曲入りEP『TSUKIOOKAMI』を11月にリリース。東名阪TOURを行う。アルバム発売記念ワンマン東京公演は新宿LOFT。タイトル曲はプロシューター“月狼”佐藤ルミナ選手の入場テーマイメージソングとして製作され、オリコンチャートに初のランクインを果たす。(このCD収録のGASTUNKのカバー"DEVIL"をデスマッチプロレスラー葛西純選手がテーマ曲として現在も使用中)

1999年1月、 KOJIが復帰し、S.O.D(東名阪ツアー)、SEPULTURAの来日公演をサポート。8月、DENMARKはCOPENHAGENのSWEET SILENCE STUDIOにてアルバムをレコーディング。エンジニア/プロデューサーはFLEMMING RASMUSSEN。12月、その5thアルバム『I VERSUS I』をリリース。アルバム発売記念東京公演は渋谷ON AIR WESTにて。サポートバンドはBLUE BEARD。

2000年、3月の終わりまで、MAD CAPSULE MARKETS、BALZACとの公演を含む全国ツアー。7月にはライヴ・ビデオ『MICHAEL BROWN』のシューティングをかねたライヴをON AIR WESTで実施。8月には“AIR JAM2000”に参加。秋、ONE MINUTES SILENCEの来日公演をサポート。年末、シングル『ARANA』とセカンド・ライヴ・ヴィデオ『MICHAEL BROWN』を同時リリース。『ARANA』オリコンのシングル・チャート記録は32位。その後、東名阪、沖縄をSUCK DOWNとツアー。CD発売記念東京公演は原宿アストロホールで行われた。

2001年8月、PANTERAとSLAYERがヘッド・ライナーをつとめた横浜アリーナで行われたラウド・ミュージック・フェスティヴァル“BEAST FEAST 01”に参加。日本バンドのトリをつとめる。併せてライヴ・ミニ・アルバム『SUPERCHARGED CHOCOLATE MELTDOWN』をリリース。9.11テロ事件真っ直中、米国LAにて,TOTOのSTEVE LUKASER所有のSTEAK HOUSE STUDIOで6thアルバム『GHOSST TREE GIANT』を製作。エンジニア/プロデューサーはMARK DODSON。10月には、元COCOBATのオリジナルメンバーによるバンド、PULLING TEETHとDESSERETとの東名阪ツアーを実施。(その新宿LOFT公演は収録され、インディ流通のLOFT内レーベルより『BACK TO 1991 TRIPPLE CRUNCH 』として翌年春DVDとしてリリースされた。)12月アルバム発売。

2002年、2月~3月をまたぎ全国TOUR。アルバム発売記念東京ワンマン公演は渋谷CLUB QUATTRO(ゲストバンドはBAT CAVE)。TOUR終了後KOJIが脱退。春、元サポートギターMIZOGUCHIが正式加入。SODOM,Dying Fetus,Dimension Zero参加の“EXTREME THE DOJO”の東京公演をサポート。また、『GHOSST TREE GIANT』の韓国リリースにともなう初の韓国ツアーを実施。世界中から数多くのバンドが集まった、釜山でおこなわれたロック・フェスティヴァル“BUSAN INTERNATIONAL ROCK FESTIVAL 2002"に出演。 BEAST FEAST 02"に出演する日本のバンドを決定するオーディションも兼ねたライヴ“WAY OF THE BEAST FEAST”に出演。初のBEST ALBUM『HAMMERSLAVE20X20』発売。東名阪TOURを行う。アルバム発売記念東京公演は渋谷ON AIR WESTにて。サポートバンドはSTOMPEDE。RASING SPEEDHORNの来日公演のサポート、そして“BEAST FEAST02”に出演する。

2003年、IN FLAMES,SHADOWS FALLの東名阪、来日公演をサポート。このツアーを最後にMIZOGUCHIが脱退。ギターにSEIKI加入。PULLING TEETHの北関東TOUR をサポート。THE HAUNTEDの東京公演をサポート。東阪で行われたLOUDNESS主催のラウドフェスに参加。のSTUDIO FREDMANにて7th アルバム『FIREANT MOVING CO』製作。エンジニア/プロデューサーはFREDRIC NORDSTORM。ゲストミュージシャンとしてFREAK KITCHENのMattias"IA"Eklundhが参加。帰国後BALZACと共にPUSHEAD主催で大阪で行われたアート&音楽の合体イヴェント「SKREWBITER」に参加。BALZAC/COCOBAT SPILIT 7INCHを会場限定にて発売。

2004年、STUDIO COASTで行われたWARPED TOURに参加。3月アルバム発売後全国ツアー。CD発売記念東京ワンマン公演は渋谷QUATTRO。VHS作品『MICHAEL BROWN』(2000年)『TOURIST GUDE TO COCOBAT』(1993年)をカップリングDVD化してリリース。2度目となる韓国TOURも行う。ビクターレコードより発売の80年代トリビュートオムニバスにWILLARDのカヴァーで参加。EXODUS,UNITEDと共に東名阪TOURを行う。

2005年、DWARVESの東京公演をサポート。新曲5曲LIVE4曲カヴァー1曲という変則的構成のMINI CD『12 STEPS』発売。CD発売記念東京ワンマン公演は新宿LOFT。そのLIVEを最後にRYO脱退。KAGI加入。永井豪アニメソングトリビュートカヴァー集に「GETTER ROBO」で参加。カリスマAV男優「加藤鷹」がプロレス参戦する際の入場テーマソングをバンドが進呈(CD発売は無し)。夏、新宿LOFTにてロマンポルシェ、漁港と共演。デザインチーム7STARSのコンセプトアルバム『BASEMENT TRACKS』に新曲で1曲参加。3度目となる韓国TOURを行う。

2006年春、RYOが復帰。夏、川崎CLUB CITTAにて行われた東京BIG RUMBLEに参加。秋、世界中からMETAL BANDが集結したビッグイヴェントLOUDPARK06に参加。

2007年春、プロレスラー高山善廣のテーマ曲CD''THE DESTRACTIVE POWER''に参加(CDジャケットもTAKESHITが手がける)。10月、MEGADETHの韓国ソウルオリンピックホール公演のオープニングアクトをつとめる。

2008年、8月に行われたANTHRAXの川崎CLUB CITTA公演のオープニングアクトをつとめる。9月、SWEDEN UPPSALAのDUGOUT STUDIOにて8thアルバムとなる『SEARCHING FOR CHANGE』製作。
プロデューサー/エンジニアはDANIEL BERGSTRAND。11月THE HAUNTEDの東京公演をサポート。

2009年、3月アルバム発売。6月から7月にかけて全国十カ所を廻る発売記念TOURを決行。東京ワンマン公演は渋谷QUATTRO。7月ADEBISHI SHANKの東京公演をサポート。

2010年、3月 大阪 難波Hatchで行われたDead End主催の四夜鬼行にGASTUNK,PAY MONEY TO MY PAINと共に出演。11月元IRON MAIDENのフロントマンPaul Diannoのオープングアクトを務める

2011年、7月 恵比寿LIQUIDROOMにてバンド結成20周年コンサート。 1994年初頭にリリースされたVHS作品"TOURIST GUID TO COCOBAT"の演奏メンバーであるRYUJI/SUZUKI/HIROSHI/TAKESHITという編成からなるバンドと現在のメンバーのCOCOBATと二部構成で行われた。9月、SICK OF IT ALLの来日公演のオープニングアクトを務める。11月 渋谷で行われたKAIKOO ROCK フェスに参加。新宿LOFTでSHOW-YAと共演。

2012年、2月 幕張メッセで行われたDEVILOCK NIGHTにHOOTER STAGEのトリとして出演。9月、韓国のグループYELLOW MONSTERSと共演。10月、新代田FEVERのLIVEを最後にドラム RYO脱退。

2013年、1月にドラマーKIMU参加。8月、下北沢SHELTERで385と2マンライブ。

2014年、3月 北海道真駒内スノウアリーナで行われた"NO MATTER LIVE 10周年記念"に参加。
BLOOD THIRSTY BUTCHERS Tributeカバー集『We Love Butchers』に"ROOM"のカバーで参加。6月 韓国のYELLOW MONSTERSと共演。7月 SEX MACHINEGUNSと共演。9月 韓国ワールドカップスタジアムで行われたCITY BREAKフェスティバルにOZZY OSOURNE/DEFTONES/HOOBASTANKと共に出演。

2015年、11月幕張メッセでBRAHMAN主催で行われた"尽未来祭"の初日に出演。