激情系「帰りたくなる」哀愁ロック、復活劇の序章。
【午前四時、朝焼けにツキ】通称『ごぜよ』、平均年齢22歳。新潟を拠点とし、全国へ発信し続けるロックバンド。
2014年10月8日に1st Mini Album「鉄也林部」をリリースするや否や、タワレコメンの大抜擢やFMパワープレイ獲得などで一気に知名度を上げる。
2015年1月25日のライブを最後にメンバー2人が脱退、今後の活動が危ぶまれるものの、新メンバーを迎えて約50日という短いスパンで同年3月14日に初ライブを全曲新曲で敢行、劇的な復活を遂げる。不屈の精神を新たな武器とし、復活後は全国各地でライブを展開、各地のフェスやサーキットにも出演を果たす。
2016年1月6日には2nd mini album「カワラズ」をリリース。これを引っ提げて約30本の全国ツアーを敢行。着実にツアーで実績と実力を身に付けていき、ツアーファイナルとなった地元新潟でのライブチケットは発売後2分という速さでSOLDOUTし、ライブ当日も凄まじい熱量で開催、大盛況で幕を閉じる。
エモ・ロックを基軸としながらも、様々なジャンルの音楽を吸収し、独自に昇華させた新世代のギターロックサウンド。
静と動の両面を持ち合わせた独自の世界観を変わらずに繰り広げるも、新たなトリプルギタースタイルで、より多彩な表情を創る。
激情系「帰りたくなる」哀愁ロックと自称しており、その楽曲は懐かしく、儚く、郷愁を感じさせる。