1995年、バンド名を現在のGOOFY’S HOLIDAYとし都内や県外などで精力的に活動を始める。
1997年3月に完全自主制作で発売した1st CDが 一部のレコード店で自主制作のCDとしては異例な売り上げを記録、一躍注目を集める。
1997年10月21日、メジャー流通の2nd”maybe tomorrow…”で人気が爆発! 知名度も全国的なものとなる。
1998年11月には、NYで行われた、全世界のオルタナ系バンドが集まる祭典”CMJ MUSIC MARATHON”に参加。初の海外でのライヴであったが、地元カレッジラジオ局の週間チャートTOP10に入るなどの強烈なリアクションを得る。
1999年4月30日には、マキシ・シングル”ONE WAY”をリリース。発売と同時に大型レコード店のインディーズ・チャートのNo.1をほぼ総ナメにした。2000年1月21日、3rdアルバム”bridge”をドロップ。30,000枚のセールスを記録。
2000年12月にBad Newsのバンドを集めたオムニバス”悪報瓦盤”に参加。
2001年10月17日にmini album”3111″をリリース。更に大陸的に、より分厚く、よりグルーヴィーに進化したサウンドで新生GOOFY’S HOLIDAYを十二分にアピールする。
2002年5月22日に待望の4th full album”MONOCHROME”を発売。泥臭い王道ロックにモダンな要素を取り入れたメロディアスでグルーヴィーなサウンドでその独自の孤高な 世界観を更にグレードアップした。
2004年7月22日には、再録ベスト+新曲を収録した企画CD”NOW AND THEN, HERE AND THERE”をリリース。往年の名曲と新曲を深みを増したロックサウンドで表現。
2005年3月9日には、BEAT CRUSADERSヒダカトオル氏の呼びかけにより、アニメ「BECK」のサントラ”KEITH”に新曲”JOURNEY”と”PIECE OF TEARS”を提供。
2007年2月のライブを最後に14年活動を共にした安井が脱退に伴いバンドも休止状態となるが、サポートメンバーを迎え活動を続ける。
2010年1月、A2C(Bass/Chorus)とYoung(Dr/Chorus)を正式メンバーに迎え、再始動!これからの活動に注目の集まる所である。
(L to R) Young(Drums/Chorus) Endy(Vocal/Guitar) A2C(Bass/Chorus)